ししおどしのある庭

古くからある坪庭をリフォームさせていただきました。
石の移動と樹木の移動をしてゴロタ石・砂利等を追加して仕上げました。
※ビフォアーの写真を撮れなかったのは残念ですが¨
ししおどしは最初から設置されていて、古くなっていたので取り換えさせていただきました。
ししおどしは元々田畑を荒らす鹿や猪などを脅かす為の装置だったのですが、今は音が風流な
ことから日本庭園に設けられるようになりました。
今ではししおどしがある庭も少なくなりましたね。

カコンッ!

カコンッ!

かめさんも古くからの住人

かめさんも古くからの住人

除草剤を使わない土地

夏の庭で大敵なのは、やっぱり雑草ですね。取っても取っても生えてくる雑草…
除草剤に頼りたいけど近くで井戸水を使っている方がいたり、犬や猫を飼っている方がいたり。
野菜を作っている方は特に抵抗感を感じますよね。
防草シートを使えば、短期の施工で長い効果を発揮します。防草シートといってもすぐに破けてしまい
雑草が生えてきてしまう商品もあり、どの商品を使用していいのかわからないと思います。
私たちは過去に何種類もの商品を実験し、今の防草シートにたどりつきました。
設置場所にもよりますが約8年から10年は使用できます。決して安いシートではありませんが10年の使用期間
で割れば効果的にもコスト的にも満足して頂けると思います。
当分使用されない土地に、お庭・駐車場の砂利の下に、ソーラーシステムの下に。ぜひ!

防草シート設置前

防草シート設置前

防草シート設置後

防草シート設置後

水鉢のある庭

駐車場の一角に作庭させていただいたこのお庭は、水鉢を中心にデザインさせていただきました。
降り蹲踞(おりつくばい)という手法で、石で囲い水鉢を庭から少し下がったところにすえ
風情を楽しみながらも、庭の排水も兼ねて作りました。
水鉢を中心に灯篭・既存のブロックを覆う人工竹垣・シンボルツリーのサルスベリ・黒みかげ石の
アプローチなどを配置して作りました。
夏には水鉢に落ちる涼しげな水の音、サルスベリの花がお客様を出迎えてくれることでしょう。

駐車場とは御影延石で仕切る

駐車場とは御影延石で仕切る

涼しげな水の音

涼しげな水の音

灯篭とサルスベリ

灯篭とサルスベリ

タマリュウでグランドカバー

タマリュウでグランドカバー

お庭のリフォーム

近年、車は一人一台の時代。
お子さんが大きくなれば駐車場を大きくしなければいけませんね。
お庭を少しコンパクトにして1~2台駐車できるスペースを造ってみませんか?
アイデアひとつで段地でも傾斜面でも駐車スペースはできます。
一声かけてくだされば、いつでも御相談・お見積りに伺います。
どうしても駐車場施工不可な場合は正直に申しあげます(笑)
また生垣のお手入れに困っている、フェンスや塀にかえてしまいたいというお客様にも
ご対応させていただきます。

ビフォアー

ビフォアー

アフター

アフター

赤いポストのある外構

緑の中に存在感のある赤いポスト。実はこのポストは奥様のご提案で設置したポストです。
通常、私どものデザインでは英国風のアイアンポストを設置しがちなのですが、赤いポストを設置した瞬間に庭園にアクセントが付き
グリーンとレッドが引き立てあう外構になりました。
ご趣味の鉢物ガーデニングでより庭を華やかにしてくれました。
駐車場はコンクリート色ではなく少し色粉をつけて、建物になじむようにしました。クネクネとしたスリットのあるデザインは
私共とお客様のお気に入りです。

枕木の前の赤いポスト

枕木の前の赤いポスト

スリットにはタマリュウを

スリットにはタマリュウを

門柱のあれこれ パート1

外構の中心となる門柱はポストやインターホン・表札などをつけるための壁の役割だけではありません。
御家族の趣味や個性を表現する、重要な壁でもあります。壁の素材だけでも、塗り壁だったりアルミであったりガラスだったり。
ポスト1つとっても、アルミ、陶器、アイアンなどアイデアひとつで無数のパターンが生まれます。
今回は3パターンの門柱デザインを紹介します。

L型の門柱

L型の門柱

タイルをはって花吹雪

タイルをはって花吹雪

木目調のアルミ門柱

木目調のアルミ門柱

デッキに座って眺められる庭園

大工さんが作ってくれた大きなデッキに座って眺められる庭園を施工させていただきました。

もともと植わっていたヤマボウシを移植したりとなるべく思い入れのある樹木は残して作庭しました。

木塀の前に瓦屋根のついた塗り壁を設置して奥行き感を出すように塗り壁の前後に植栽をしました。

アプローチ部分には三ケ日石の石畳とマサ土のタタキで施工しました。アクセントにレンコンの形をしたレンガを入れました。

奥様がレンコンの穴に炭を入れてくれました。

炭はその場所を浄化する作用があるようで、庭園の中に入るとなんだか気持がやすらぐような気がします。

お庭の入口には三ケ日石の石積みの上に竹垣を施工しました。道路から庭の中が見えないようになっています。

 

デッキからの眺めは最高です

デッキからの眺めは最高です

道路からの視線を遮って

道路からの視線を遮って

 

お城を思わせる石垣

お客様が三ケ日石を一山購入して頂き(約70トン)その石を使っての石積み、造園工事でした。

極力セメントを使わず、石の組み合わせのみで石を積み上げています。

高いところでは1m80cmほどあります。

近年の土留め工事は擁壁やブロックが圧倒的に多いのですが、こうして石を積み上げることによって何にも変えられない迫力と存在感があります。

今では石積みの天端部に植えた芝桜も育ち石垣をより引き立たせてくれています。

アプローチはスロープで、御影の板石を使用しています。

石材は年が経つにつれてシブさが増し歴史を感じさせてくれます。

浜松市 W様邸2

三ヶ日石を使った野面積み

浜松市 W様邸2

迫力のある石垣

バラの楽園

バラ屋さんとコラボをしてローズガーデンを作りました。

私たちの仕事は既存であった樹木の移植と土の入れ替えをさせていただきました。

ローズガーデンのベースになる箇所を施工させてもらった後にメインのバラを奥様とバラ屋さんとでバランスをみて植えられてました。

バラの咲くころは見事なローズガーデンになっています。

バラが咲いていない時期でも絶えずいろいろな花が咲いています。

完成形で四季を楽しむ庭園と毎日植物の世話をして日々の植物の成長を楽しむガーデン。

どちらのスタイルとも楽しい場所であってほしい

と、こちらのお宅を施工している時に原点に返り思いました。

牧之原市 M様邸

英国を思わせるエントランス

牧之原市 M様邸

リビングからの眺め

Rのある外構

御主人のバイクとお子さんの乗り物がそのまま停められるように、玄関までをスロープに作りました。

丸型の中は芝生が張ってあります。

駐車場のコンクリートには表面に色を付けました。

建物と似た色にすることで、建物との一体感が生まれると思ったからです。

坪庭部分には御影の延石と杉苔・アオダモを使用しました。

芝が杉苔の中に侵入しないように間には見切材を使用しています。

芝生と砂利との境、草花と芝生の境と、はっきりとした区別をつけたい時には見切材が活躍します。

敷地の南側に家庭菜園を作りました。

御家族4人分ぐらいの野菜なら5坪ぐらいの菜園があれば、十分だそうです。

お子さんたちの好奇心の面でも活躍しているようです。

磐田市 K様邸

Rのデザインの駐車場

御影の延石と杉苔・アオダモを使用

風にそよぐアオダモ