大理石リノベーション

今まで芝のお庭で楽しんでいただいていたお客様が
芝の中から雑草が出てきて管理が大変になってしまい
今回は大理石のタイルで管理がしやすいリノベーション
をさせていただきました
タイルはユニソン クレモナプレート/クレモナピース
アルモア(大理石)300×600mm 100×100mmを使用しました
駐車場のスリットには下地をコンクリートにしてから人工芝
を使用しました
雑草がはえてくる面積を極力減らして管理がしやすい
見た目も良いお庭になりました

着工前

着工前

リノベーション

リノベーション

花壇の中も

花壇の中も

植え替えをしました

植え替えをしました

前03後03

バスケットコートのあるお庭

もともとのお庭は芝生が生えていて、そこのスペースを
バスケットコートにリノベーションをさせていただきました。
息子さん、娘さんが練習中にヒザを傷めないようにゴムチップ
の舗装材にさせていただきました。
ゴムチップの舗装材は適度なクッション性があり心地よい
フィット感があります。
バスケット・テニス・陸上などスポーツを楽しむ方には優しい
コートになると思います。
このコートで練習をしていただきテレビで活躍を観られたら
そんなに嬉しいことはありません。

既存であったアプローチの両サイドに施工

既存であったアプローチの両サイドに施工

エリアごとに色分けしました

エリアごとに色分けしました

土留めブロック

今回は古い石垣が崩れ落ちてしまった箇所に土留めのブロックを施工させていただきました。
隣が貯水池だったので、施工する為には池の水をある程度くい止めなければいけません。
土嚢を使用してダムを作り、水の浸入を防いだのですがなかなか止まりませんでした。
グリ石や水中ポンプなどを使い何とかブロックを立ち上げてもらい完成しました。
池の工事は思った以上に水に悩まされ、予測不能なことが今回の工事でつくづく感じました。

崩れてしまった石垣

崩れてしまった石垣

ベースの完成

ベースの完成

ブロック積み完成

ブロック積み完成

埋め立ての完成

埋め立ての完成

生垣のある庭

道路と庭を遮断する方法として塀、フェンス、生垣などがあります
今回は生垣のお話し。しかも生垣の足元の工事をピックアップしてみました
生垣の足元は通常何もせず雑草が生えている場合が多いですよね
そこへ防草シートを張り雑草の成長を防ぎさらにその上にゴロタ石を敷き詰めます
そうする事でワンランク上の生垣が完成します
ゴロタ石の間から出てくる雑草は取りにくく、爪もいためやすいですが
防草シートを設置する事によっていつまでも綺麗な状態で維持できます
今回はチャート石のゴロタを使用しましたが、洋風のお庭ならコッツ石のゴロタも
似合うと思います
本当のお洒落は足元から!みなさんのお洒落もお庭のお洒落も同じですね

お洒落前

お洒落前

お洒落後

お洒落後

お庭のパース図あれこれ

ガーデン・エクステリアを施工させて頂くにあたり、第一段階として図面を作成させていただきます。
お客様のご希望をしっかり伺い、その思いをわかりやすい図面にしていく作業は施工と同様重要な作業です。
こんな段差になるとは思わなかった…
こんな色になるとは…
こんなスペースが狭くなるとは…
などのトラブルも事前に回避できるのです。
お客様が納得していただく図面ができるまで何度でも修正させていただきます。
いつもは平面図・パース図を提出させていただくのですが今回はパース図の2パターンをご紹介します。

ガゼボを主体とした庭

ガゼボを主体とした庭

島のデザインを主体とした庭

島のデザインを主体とした庭

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

旧年中は格別の厚情を賜り、誠にありがとうございました。
おかげさまで弊社は今年創業20周年を迎えます。
私たち庭どうらく工房一同「癒しの庭作り・お客様の笑顔」という基本にたちかえって
地道に、ひとつずつ取組んで参りたいと存じます。

本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。

お寺の門松2016

お寺の門松2016

居酒屋さんの門松2016

居酒屋さんの門松2016

お正月を迎えるお庭の手入れ

8月~9月・12月はお庭を手入れさせてもらうのが多くなる月です。
夏場はお祭りやお盆でお客様をお招きする為のお手入れで
12月はお正月に親戚や新年のご挨拶に来るお客様の為のお手入れです。
新年を気持ちよく迎える為に庭の大掃除のお手伝いもさせていただきます。
私たちが作庭していない庭でも大歓迎です。
早めにご連絡いただければご希望の日時にお伺いさせていただきます。

今年もありがとうございました。
来年も皆さまにとって良い年でありますように。

気持ちがいいですね

気持ちがいいですね

来年もよろしくお願いいたします

来年もよろしくお願いいたします

ナチュラルウッドフェンス

今回は天然木を使用したフェンスをご紹介させていただきます。
天然木は花や緑との相性はもちろんですが、他にもアイアンやコンクリート製品
との相性も抜群です。
時間が経てば腐食したり退色したりしますが、定期的なメンテナンスを施せば長くつきあえ
ほど良く風化していく様を楽しんでいくことができます。
天然木ならではのぬくもりや懐かしさを実感していただけると思います。
私たちは提携している材木屋さんのご協力もあり、高品質・低価格の天然木のフェンスをご提供
させていただいております。

これからの風合いが楽しみ

これからの風合いが楽しみ

目隠しとして

目隠しとして

カーポートあれこれ パート1

ひと昔前まではカーポートと言ったら同じようなデザインで
車を雨から守るだけのものでした。しかし最近では各メーカーから
ライフスタイル・ハウスデザインに合った商品が数々登場しました。
カーポートの柱が車に当たらないデザイン、木目調のアルミのデザイン…
私たちも外構をデザインをする上で重要なポイントになっています。
今まで施工させていただいたカーポートをこれからも紹介していきます。

アプローチにはLEDライトがあたります

アプローチにはLEDライトがあたります

スタイリッシュなデザイン

スタイリッシュなデザイン

動物たちのビオトープ

ビオトープとはビオBIO(生き物)+トープTOP(場所)と書き
《地域の野生の生き物が暮らす場所》を意味します
それは人工的に作っても自然にある川や池もそれぞれビオトープと呼びます
人工的に動物たちが暮らす自然を作るのは大変なことです
池を作るには最初に池の形に穴を掘り、その穴に防水シートという水が漏れないシート
を敷きます。その上に石を敷きつめていきます
たえず水が動いているように循環ポンプを使い池の中の水を循環させます
工事をさせていただいてから2年以上経ってやっと鳥たちや魚、植物たちが落ち着いて暮らすこと
ができるビオトープになりました
このビオトープは浜松市内の中心部にあるのですが、空間に入るとここの時間だけが
ゆっくりと時間が流れているような気がします
日頃の管理をしてくださってるお客様に感謝です

市街地にあるビオトープ

市街地にあるビオトープ

生き物たちが住める石垣

生き物たちが住める石垣

魚たちも気持ちよさそう

魚たちも気持ちよさそう

上段から流れ落ちる水

上段から流れ落ちる水